べこ石の碑(べこいしのひ)

峯岸の国道294号(旧奥州街道中)の西側に建っている。この碑は、芦野宿の問屋をつとめた戸村忠恕(とむらただひろ)が晩年になって里人の人に正しく生きる道を論すために、嘉永(かえい)元年(1848)10月建立したものである。

べこの石の名の由来は「べこ」とは東北地方の牛を称する言葉であり、この地方が東北の地と隣接しているため牛を「べこ」と呼び、石碑の形が牛の寝ている姿に似ているためと考えられる。また、碑の全面右側に人身牛首(じんしんぎゅうしゅ)の炎帝神農氏(えいていしんのうし)の姿が彫られているからとも考えられる。碑は芦野石で文字の部分で高さ140㎝・幅390㎝ほどの大きさである。

碑文の主な内容は孝行の大切さと善行のすすめ、堕胎の戒めと生命の尊重、貧しい者への恵みの心、人の行為の根本は誠であること。物欲や自慢の戒め、備えの大切さと美食の戒め、めぐる因果を自覚すること、祖先を敬い親族を大切にすること、中庸(ちゅうよう)の大切さと立腹の戒め、禍いを生む言葉遣いの戒め等々、全文で3500字も及ぶ長文である。実例やたとえを用いながら儒教(じゅきょう)的精神を中心とした人の道を具体的にやさしく教えている。

この碑文を通して、江戸幕府末期の民情風俗や社会、経済及び当時の道徳思想を直接知ることがで、歴史的文献として重要である。

名   称 べこ石の碑(べこいしのひ)
所 在 地 那須町大字横岡154
種   別 有形文化財/書跡
指   定
指定年月日 昭和47年7月15日